歯のホワイトニングを歯医者ですすめられた!

先日歯医者さんへ定期健診に行ったら、歯のホワイトニングをすすめられました。

定期健診ではいつもクリーニングをしてもらうのですが、私はコーヒーを毎日何倍も飲むせいか、かなり歯に色素が沈着していると言われました。

クリーニングで落とせる部分はしっかり落としてもらうのですが、それでも落とせない汚れはホワイトニングなら一発で白くなると言われたんです。

よく話を聞いてみると、ホワイトニングというのはクリーニングとはまた違って、漂白成分が入った専用の薬剤を使って行うそうなんです。歯を漂白してしまうということなんですね。そりゃあ白くなるはずです(笑)

色も好みの白さに合わせることができるそうで、必ずしも、アメリカ人のモデルさんみたいな取って付けたような人工的な白さになるわけではないようなんです。

ただ、保険がきかないそうでして、料金は最低でも3万円くらいはかかると言われました。3万円というのはまた微妙な金額で、出せない金額じゃないけれど、果たして歯を白くするだけのためにそこまで払う価値はあるのだろうか、と貧乏性の私なんかは思ってしまうんです。

そもそも、虫歯になってしまったら実害(痛い、噛めない)が出てしまうのでなんとしてでも治そうと思いますが、歯が黄ばんでいることの実害といったら「見た目が悪い」ということくらいです。

しかも、見ただけで不潔!と思ってしまうような汚れがついているというわけではなく、なんとなくくすんでいる、なんとなく黄ばんでいるという程度なので(主観ですけどね!)、そこまでする必要はあるかな~というのが本音でした。

アメリカみたいに日本でももっと簡単に安くホワイトニングができるといいんでしょうけどね。

なんとなくハードルが高いかんじがします。

歯医者さんへ通わなければできない、自宅でやるにしても、歯医者さんで薬剤を処方してもらわなければいけない、その手間を考えると、ちょっと躊躇しちゃうという人も多いんじゃないでしょうか。

通販で買えるようになるだけでも全然浸透度は違うと思うんですけどね。今通販で買えるホワイトニング剤というのは、海外からの輸入モノ。日本の法律では、漂白剤入りのホワイトニング剤というのは歯医者さんでしか販売できないそうなんです。もちろん通販はNG。アメリカとかでは通販で安く漂白剤入りのホワイトニング剤を買えるので、そうした薬剤を個人輸入して買う(もしくは代行業者から買う)しかないんです。

もしくは、漂白剤が入っていないホワイトニング剤を買う。これなら日本製の製品もたくさん発売されていますし(法律に違反しないので)、手に入れやすいというメリットがあります。ただ、歯が白くなる度合いは下がったり、また白くするのに時間がかかるというデメリットもあるので、そこは天秤にかけて判断するしかないですね。ただ、個人的には安全性を考えるとこうしたホワイトニング歯磨きを使うことも選択肢になると思います。
もっと詳しく⇒通販で自宅ホワイトニング